結婚

結納・顔合わせまでに準備

近年は昔ほど形式ばったことが減ってきた時代となっています。
例えば、結婚式をする場合も、昔の決まり事などをなるべく廃して、自由な形式の物が増えています。
通常は仲人を用意したり、結納指揮を行う必要があったりするのですが、
そうした面倒くさいものを取り払った結婚式も増えています。

また、そもそも挙式や、披露宴を行わないという夫婦も増えています。
結婚式を挙げることにしても、手作りでウェディングを用意したり、
ガーデンパーティスタイルで挙式を行う人も増えています。

また、お互いの家族や親戚だけを集めて、軽い食事会などを行うだけで済ますことも増えているようです。
しかし、夫婦たちが結婚式などをやりたくなかったとしても、
両親や家族が手配をして挙式を行うということもあります。
両親たちが伝統に従った結婚式を行いたいと考えることもあるでしょう。

もしも、これから結婚式を行うことが決まっている方は、
結納や顔合わせの日までに婚約指輪を用意しておく必要があります。
結婚式の時には結納品の中に婚約指輪が含まれることになるので、
結納式までに婚約指輪を用意する必要があるのです。

一般的には挙式を行う日の8ヵ月前までには婚約指輪を手元に用意しておくのがよいとされています。
伝統的な方法で結婚式を行う場合は、様々な準備をする必要があります。
それは半年以上の長期間に渡ることがほとんどです。
そのため、結納式の直前になって、婚約指輪を用意しようと思っても、なかなか時間が取れないことが多いです。

結婚式では婚約指輪は絶対に必要となる物ですので、一番最初に用意しておいた方が良いでしょう。
婚約指輪を探すのにも時間がかかります。
指輪を決めて、サイズを合わせたり、デザインを決めたりするのには、2ヵ月ぐらいかかってしまうことも多いです。

余裕を持って行動することが大切です。
婚約指輪を用意することを含めて、結婚をすることは事前に用意しておくことがたくさんあります。
きちんとスケジュールを立てて余裕を持って行動しましょう。

Menu