結婚

指輪の石が永遠の絆と純愛の証

婚約指輪と聞いて思い浮かべるのはダイヤモンドでしょう。
ダイヤモンドの指輪と一口に言っても、様々な種類の物があります。

さて、どうしてエンゲージリングの定番はダイヤモンドなのでしょうか。
それは、一つはダイヤモンドは宝石の中では最も堅い物であるからです。
硬いというのは、丈夫であるというイメージを想起させます。
つまり、婚約指輪をもらった瞬間から、結婚するまでの間に、愛する人が丈夫に、
健康に暮らしていけるようにとの願いが込められているのです。

このような意味で婚約指輪にダイヤモンドが選ばれることが多いのです。
また、ダイヤモンドの硬さには別の意味が込められています。
それは、固い絆を結ぶという意味です。
記録としては、1477年にオーストリアのある貴族が、
世界で初めてダイヤモンドリングを婚約指輪としてプレゼントしたという記録が残っています。

この結果、婚約指輪に選ぶ宝石の定番として、ダイヤモンドが定着するようになったのです。
ダイヤモンドは見た目は無色透明な石です。
どんな色にも染まっていないダイヤモンドは、それだけで純粋であるというイメージを思い起こさせます。
これにより、ダイヤモンドは愛情や硬い絆、純粋な気持ちを表すものの象徴として扱われるようになりました。

このような意味から、ダイヤモンドは婚約指輪にふさわしいものであると考えられるようになったのです。
ダイヤモンドの石の形は色々とあります。
人気があるのはラウンドカットという丸い形ですが、
それぞれの好みに合わせて好きな形にデザインしてもらうことが可能です。

どのような形のダイヤモンドを用いるのかは夫婦二人で決めることになるでしょう。
もしも、サプライズプレゼントとして結婚指輪を贈るのであれば、
前もって彼女の好きなデザインを考えておく必要があります。

それとなく聞き出して、彼女の好みの石の形を調べましょう。
そして、婚約指輪を贈ることにより、あなたは、永遠の絆と純愛の証をプレゼントすることになるのです。
支払い方法に関しては気になるところですね。現金払いは…という方はクレジットカードhttp://www.wanbha.com/の支払い方法もしっかりと調べておきましょう。

Menu