結婚

婚約指輪にかかる平均値段と相場

いざ婚約指輪を買おうと思っても、どれくらいの費用を用意したらいいのか悩んでしまう方は多いでしょう。
婚約指輪は一生に一度しか購入する機会がないので、
購入する方はみなさん初めての経験をすることになるわけです。
婚約指輪を買うタイミングも大切なので知っておくと良いでしょう。

また、女性の方は婚約指輪に憧れを抱いている方が多いですから、
是非とも、婚約指輪を男性の方はプレゼントしてあげましょう。
婚約指輪の値段の相場は、大体給料の3ヵ月分が調度いいとされています。

これは色々な所で耳にすることが多いでしょうし、実際にこれ通りの額の指輪を買っている人も多いでしょう。
この給料3ヶ月分とは誰が言い出したのでしょう。
これは1970年代にダイヤモンドの流通や加工、
販売を行っている会社のデ・ビアス社が作り出したキャッチフレーズなのです。

その頃、ヨーロッパでは給料2ヵ月分、アメリカでは給料1ヵ月分と言われていました。
日本では上記のキャッチフレーズが広まったことにより、
婚約指輪は給料3ヵ月分のものが必要なんだという共通認識ができてしまったのです。

さて、現代ではどうなのでしょうか。
果たして、婚約指輪の相場はどれくらいが普通になっているのでしょうか。
昔は婚約指輪を買うときは、百貨店などにある宝石売り場などで購入する方が多かったです。
しかし、現在では専門のジュエリーショップが多数営業しているので、そこで購入する方も多いです。
婚約指輪の人気ブランドはこちらに載っています。

ジュエリーショップは様々なお店があり、高級な指輪を扱っているお店から、
リーズナブルなものだけを扱っているお店もあります。
通販や、ネット販売で婚約指輪の販売をしている会社も多いです。

どのお店で購入するかによって婚約指輪の値段は大きく異なるため、一概に、
どれくらいが相場であると言うのは難しいでしょう。
けれども、あえて言うなら、婚約指輪の相場は大体20万円から30万円程度のものが多いようです。
具体的なデータをあげると、
2011年度は購入価格の平均が36万円、2012年度は33万3000円だったそうです。

現在では、給料3ヶ月分という相場は崩れていて、より安い物を購入するのが主流となってきています。
婚約指輪で一番大切なのは気持ちですので、
家計を圧迫するほどの高いものを購入する必要はないでしょう。

Menu