結婚

ダイヤに満足してお金を出す

婚約指輪の質を決める最も重要なものはダイヤモンドです。
ダイヤモンドがしっかりとしていないと、婚約指輪の価値が下がってしまいます。
また、婚約指輪の基本デザインはこちらを参考にしてください。
そこで、ダイヤモンドの質を決めるのは一体どのようなことなのか説明しましょう。

ダイヤモンドには4Cというものが存在します。
この4Cという言葉を聞いたことがある人はいるかもしれません。
この4Cによって、そのダイヤモンドの価値が決まるのです。

ダイヤモンドの品質を決める要素は主に4つあります。
それぞれ、カラー、カット、カラット、クラリティ、の4つです。
これらの頭文字のCをとって、4Cと称されているのです。

まず、カラーは文字通り、ダイヤモンドの色のことです。
ダイヤモンドは一般的には無色透明の物が普通でしょう。
これが一番純粋なものであり、Dカラーと呼ばれています。

そして、ダイヤモンドの色は全部で21段階で表されることになり、D以外にもEからZまであります。
次にカットです。
ダイヤモンドの輝きを決める最も重要な要素がカットなのです。
カットのやり方によって、ダイヤモンドの光の反射や屈折の仕方が変わります。
ダイヤモンドが複雑にカットされていればいるほど、ダイヤモンドが美しく輝くようになるのです。

次が、これは一般的にも知られている用語ですが、カラットです。
カラットはダイヤモンドの見た目に一番関わってくる要素です。
カラットはダイヤモンドの重量を表している単位であり、
この数値が高いほどダイヤモンドのサイズが大きくなります。

そして、最後にクラリティです。
これはダイヤモンドに含まれている上純物の量を表したものとなります。
上純物がどの程度含まれているのかを、専門家が鑑定して、それによって評価されます。

このように、ダイヤモンドには様々な評価の仕方があります。
これらを総合的に評価してそのダイヤモンドの価値が決定されるのです。
ダイヤモンドを購入する時にはこの4Cに注意して選ぶようにしましょう。
セミオーダー・フルオーダーする婚約指輪はこちらのサイトを参考にすると良いでしょう。

Menu